さよならHKT48劇場

3月31日
この日をもってホークスタウンにあるHKT48劇場は閉館。
その最後の日に劇場に感謝とさよならを告げに登場。

今回ここに来た一番の理由は実は…
最終ベル千秋楽当選したってのもありますが…
先日行われた、たかみなの卒コンに出れなかったまりりが気がかりだったってのもあります。

劇場最終日の今日はTeamH最終ベルが鳴る公演千秋楽!
午前中にKⅣシアターの千秋楽は終わってる。
最終ベル千秋楽の後は劇場移転記念特別公演。
そしてちゃっかり千秋楽に当選してたのでまさに一石二鳥。
時間まで特設会場に行き展示を観てました。
劇場の歴史を感慨深く見学。
まりりの書いた書道関係のものをじっくり眺めてきました。

時間が迫っていたので発券を済ませ列に並ぶ。
今回の入場順は11順目。以外と早め。
上座の後ろブロックのいつもの所を陣取りました。
ここからの眺めが一番多かったんだよな…
精神統一してると隣の明らかになこ推しの人に誰押しですか?と声を掛けられた。
山田ですと答えたら何か微妙な反応された…
何だったんだ?一体。
軽くイラッとしてたらovertureが流れ開演!

幕が開いたら…ステージ上にまりりがいなかった。
泣いてしまった。
まりりが居なかったことにではなく、
まりりを信じることができなかった事が悔しくて…
overtureからまりり団扇を掲げることなくずっと抱えていた自分。
絶対出てくる!と自信を持って掲げれなかった自分。
もう自己紹介が終わるまでずっと自己嫌悪。
また最終ベル初日のような悪夢をみるのかと、とにかくここから逃げ出したかった。
前半4曲出ないのなら…
後半から出てくるのかな…ユニットも諦めていました。
ユニットがはじまり、そして初恋泥棒。
一番見たかった…いや居てほしい子がそこにいた。
まりり!
もう感情がぐちゃぐちゃになりすぎて、また泣いた。
とにかく嬉しかった。だが泣いてばかりじゃ駄目なんだ。
途中から出てきたからこそ一番デカイコールを届けたい!
まりりコールを必死に叫ぶようにコール!
そして最後のでべそ回転!まりり21歳の初回り。
そこでまりりが私を見つけてくれた!
凄く眩しい笑顔で手を振ってくれた!
あぁ地獄から天国に来たよ。
もう一周してきたときもレスくれたしもう充分!
初恋泥棒まで死んだ表情だっただろうけど、
これで復活!最後のでべそで一番の思い出を貰いました。
復活した私は、後半曲からずっと出てたまりりに今までにないくらい激しくコール!
回遊魚のキャパシティでもお決まりのあのコール!
キャパキャパキャパキャパキャパシティ!
まりりにぶつける勢いでコール。
後半曲とアンコール越して最後の支えまでしっかりまりりだけを追いかけました。

さっしーが公演出てるのを生で見るのも初めてだったけど、
今日の用事はこの劇場とまりりだったので見てもいられない。
ちょっともったいない気もするけどね。

そして最後のお見送り。
扉前に尾崎支配人が居てお客さん1人1人にありがとうございましたとお礼を言ってた。
私もありがとうございましたと軽く一礼してメンバーの前へ。
やっぱりじーなは私を見つけて笑顔で「あっ!ありがとねー」と手を振ってくれる。
そしてまりりも笑顔で「ありがとー」と勢いよく手を振ってくれたw
まりりの正面に陣取りまりりを見物。
この光景も最後なのか…と寂しさが込み上げてきた。
そしてメンバーが劇場内に戻り終了。

この劇場には色んな思い出が詰まっています。
神推しを失い、怠惰の私を救った博多レジェンド。
まりりを見つけた初夏の夜。
研究生公演へ通った夏の日。
再び神推しを作る決心をした、まりり19歳の生誕祭。
不思議と公演が当たらなくなった夏の日w
最終ベル初日の事件。
事件きっかけでTeamHアンチになった秋の夜。
事件のトラウマでパジャドラに通い詰めた冬の日。
TeamKⅣに嫉妬した寒い夜。
まりりを見捨てようとした春の日。
まりりを再び信じようと、そして二度と裏切らないと誓ったまりり20歳の生誕祭。
最前席デビューをしたなおぽん生誕。
やっとシアターの女神に出逢えた春の夜。
ヤバイくらい楽しかった4生会。
おかぱんとの別れ。

今まで沢山の思い出をありがとう。
新劇場の西鉄ホールでもいい思い出が出来るといいな!
さようならHKT48劇場。
c0066509_04171463.jpg

[PR]
by mineboo_ | 2016-04-01 01:10 | 48グループ関連 | Comments(0)
ここはmineboo+αの平凡な日常の生き様を記す場所なり
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30